学術論文

  1. 平山高嗣,上田芳弘,木村春彦,阿部武彦:
    模擬育種法を用いた顔の同定支援システムに関する研究,
    人工知能学会論文誌,Vol.16,No.5,pp.427-435,2001.
  2. 平山高嗣,岩井儀雄,谷内田正彦:
    顔の大きさの変化にロバストな個人識別システム,
    情報処理学会論文誌,Vol.44,No.6,pp.1625-1634,2003.
  3. 平山高嗣,岩井儀雄,谷内田正彦:
    顔画像認識を用いた施錠セキュリティシステムFACELOCKの開発,
    電気学会論文誌C,Vol.124,No.3,pp.784-797,2004.
  4. 平山高嗣,岩井儀雄,谷内田正彦:
    顔認証のための顔位置推定と個人識別の統合,
    電子情報通信学会論文誌D-II,Vol.J88-D-II,No.2,pp.276-290,2005.
  5. 大西哲朗,鷲見和彦,平山高嗣,松山隆司:
    固有残差画像のテクスチャ解析による顔の個人特徴の表現,
    情報処理学会論文誌CVIM,Vol.48,No.SIG 9 (CVIM 18),pp.90-99,2007.
  6. 平山高嗣,川嶋宏彰,西山正紘,松山隆司:
    表情譜:顔パーツ間のタイミング構造に基づく表情の記述,
    ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.9,No.2,pp.201-212,2007[pdf]
  7. 平山高嗣,大西哲朗,朴 惠宣,松山隆司:
    対話における顔向けを伴う働きかけが同意・不同意応答のタイミングに及ぼす影響,
    ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.10, No.4, pp.1-10, 2008 (第9回ヒューマンインタフェース学会論文賞)[pdf]
  8. Takatsugu Hirayama, Jean-Baptiste Dodane, Hiroaki Kawashima, Takashi Matsuyama,
    "Estimates of User Interest Using Timing Structures between Proactive Content-Display Updates and Eye Movements",
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E-93D, No.6, pp.1470-1478, 2010[pdf].
  9. 米谷 竜,川嶋宏彰,平山高嗣,松山隆司:
    Gaze Probing:イベント提示に基づく注視オブジェクト推定,
    ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.12, No.3, pp.125-135, 2010[pdf]
  10. Hye-Sun Park, Takatsugu Hirayama, Takashi Matsuyama,
    "Gaze Mirroring-Based Intelligent Information System for Making User's Interest Explicit",
    Journal of Korea Intelligent Information Systems Society, Vol.16, No.3, pp.37-54, 2010 (in Korean).
  11. 石川惠理奈,米谷 竜,平山高嗣,松山隆司:
    Gaze Mirroringによる注視模倣効果の分析,
    情報処理学会論文誌,Vol.52, No.12, pp.3637-3646, 2011[pdf]
  12. Ryo Yonetani, Hiroaki Kawashima, Takatsugu Hirayama, Takashi Matsuyama,
    "Mental Focus Analysis Using the Spatio-Temporal Correlation between Visual Saliency and Eye Movements",
    Information Processing Society of Japan Journal, Vol.52, No.12 (Journal of Information Processing, Vol.20, No.1, pp.267-276), 2011[pdf].
  13. Akisato Kimura, Ryo Yonetani, Takatsugu Hirayama,
    "Computational Models of Human Visual Attention and Their Implementations: A Survey",
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E96-D, No.3, pp.562-578, 2013(招待論文,IEICE ISS論文賞)[online].
  14. Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Kazuya Takeda,
    "Analysis of Temporal Relationships between Eye Gaze and Peripheral Vehicle Behavior for Detecting Driver Distraction",
    International Journal of Vehicular Technology, Vol.2013, Article ID 285927, 2013[online][pdf].
  15. 湯浅辰丸,鳥海不二夫,平山高嗣,榎堀 優,間瀬健二:
    戦略学習がGARCH効果に及ぼす影響のシミュレーションと分析,
    電気学会論文誌C,Vol.133, No.9, pp.1717-1728, DOI:10.1541/ieejeiss.133.1717, 2013[online]
  16. 臼井翔平,鳥海不二夫,平山高嗣,榎堀 優,間瀬健二:
    なぜ震災後デマが拡散したのかーネットワーク構造の影響分析ー,
    電気学会論文誌C,Vol.133, No.9, pp.1796-1805, DOI:10.1541/ieejeiss.133.1796, 2013[online]
    Shohei Usui, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori, Kenji Mase,
    "Why Did False Rumors Diffuse after the 2011 Earthquake off the Pacific Coast of Tohoku? Impact Analysis of the Network Structure",
    Electronics and Communications in Japan, Vol.98, No.9, pp.1-13, 2015[online].)
  17. 朝倉 淳,平山高嗣,丸谷宜史,加藤ジェーン,間瀬健二:
    多視点映像の視聴履歴を用いた視点遷移予測モデル,
    人工知能学会論文誌,Vol.29, No.1, pp.207-212, 2014[pdf]
  18. 原 健翔,平山高嗣,間瀬健二:
    多視点映像におけるハフ変換に基づく投票処理を用いた人物行動認識と位置推定の同時処理,
    電気学会論文誌C,Vol.134,No.5,pp.634-642,DOI:10.1541/ieejeiss.134.634, 2014[online]
    Kensho Hara, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Simultaneous Recognition of Human Action and Its Location Estimation Basedon Multiview Hough Voting",
    Electronics and Communications in Japan, Vol.99, No.1, 2016[online].)
  19. Shohei Usui, Fujio Toriumi, Masato Matsuo, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Greedy Network Growth Model of Social Network Service",
    Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.18, No.4, pp.590-597, 2014.
  20. 冨安史陽,平山高嗣,間瀬健二:
    Kalman-Filter予測を用いた特徴点マッチングとMean-Shiftを組み合わせた粗密探索に基づく特徴点追跡,
    画像電子学会誌,Vol.43,No.3,pp.318-329,2014.
  21. 榎堀 優,伊藤陽脩,平山高嗣,間瀬健二:
    上体周囲長計測による肺気量推定の姿勢変動補正,
    バイオメカニクス学会バイオメカニクス22,pp.203-211,2014.
  22. Michimasa Inaba, Naoyuki Iwata, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori, Kenichi Takahashi, Kenji Mase,
    "Statistical Response Method and Learning Data Acquisition Using Gamified Crowdsourcing for a Non-task-oriented Dialogue Agent",
    Lecture Notes in Computer Science, Vol.8946, pp.119-136, Springer, 2015[online].
  23. Xueting Wang, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Viewpoint Sequence Recommendation Based on Contextual Information for Multiview Video",
    IEEE MultiMedia, Vol.22, No.3, pp.40-50, 2015[online].
  24. Takatsugu Hirayama, Toshiya Ohira, Kenji Mase,
    "Top-down Visual Attention Estimation Using Spatially Localized Activation Based on Linear Separability of Visual Features",
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E98-D, No.12, pp.2308-2316, 2015[pdf][online].
  25. Kensho Hara, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Vote Distribution Model for Hough-based Action Detection",
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99-D, No.11, pp.2796-2808, 2016[pdf][online].
  26. Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda,
    "Classification of Driver's Neutral and Cognitive Distraction States Based on Peripheral Vehicle Behavior in Driver's Gaze Transition",
    IEEE Transactions on Intelligent Vehicles, Volume 1, Issue 2, pp.148-157, 2016[online].
  27. 井上裕哉,平山高嗣,道満恵介,川西康友,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    視線遷移と瞬きの時系列パターンに基づく調理動作識別手法,
    電子情報通信学会論文誌A,Vol.J100-A,No.1,pp.12-23,2017(食メディア研究会推薦論文)[pdf][online]
  28. 他,1件投稿中

解説論文・著書

  1. 河原達也,川嶋宏彰,平山高嗣,松山隆司:
    対話を通じてユーザの意図・興味を探り情報検索・提示する情報コンシェルジェ,
    情報処理,Vol.49, No.8, pp.912-918, 2008[pdf]
  2. 松山隆司,川嶋宏彰,平山高嗣:
    時間と時間感覚に対する感性の情報処理ー豊かなヒューマンコミュニケーションの実現を目指してー,
    電子情報通信学会誌, Vol.92, No.11, pp.952-954, 2009[pdf]
  3. 原 健翔,平山高嗣,間瀬健二:
    多視点映像における人物行動認識 -ハフ変換に基づく投票処理を用いた行動認識と位置推定の同時処理-,
    画像ラボ,Vol.25, No.11,p.14-20,2014.
  4. 平山高嗣,間瀬健二,宮島千代美,武田一哉:
    周辺車状況変化に対する運転者の視行動に基づく注意散漫状態と集中状態の識別,
    ドライバ状態の検出,推定技術と自動運転,運転支援システムへの応用,第4章,第8節,pp.289-295,技術情報協会,2016.
  5. 平山高嗣:
    視行動と視覚的注意,
    人工知能学大事典,pp.764-766,共立出版,2017.
  6. 他,1件執筆中

国際会議発表(査読あり)

  1. Takehiko Abe, Takatsugu Hirayama, Haruhiko Kimura, Takashi Oyabu,
    "Research of the Support System to Identify Face Using Simulated Breeding",
    The 3rd Asia-Pacific Conference on Industrial Engineering and Management Systems, 2000.
  2. Takatsugu Hirayama, Yoshio Iwai, Masahiko Yachida,
    "Person Identification System Robust for Facial Scale Variants",
    IEEE International Workshop on Cues in Communication (with CVPR 2001), 2001.
  3. Takatsugu Hirayama, Yoshio Iwai, Masahiko Yachida,
    "Face Recognition Based on Efficient Facial Scale Estimation",
    The 2nd International Workshop on Articulated Motion and Deformable Objects (LNCS 2492), pp. 201-212, 2002.
  4. Takatsugu Hirayama, Yoshio Iwai, Masahiko Yachida,
    "Face Recognition System Using Accurate and Rapid Estimation of Facial Position and Scale",
    The 4th International Conference on Audio- and Video-Based Biometric Person Authentication (LNCS 2688), pp. 154-163, 2003.
  5. Takatsugu Hirayama, Yoshio Iwai, Masahiko Yachida,
    "Integrated Estimation of Facial Scale and Position",
    IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems, pp. 222-227, 2003.
  6. Takatsugu Hirayama, Yoshio Iwai, Masahiko Yachida,
    "Parallelization between Face Localization and Person Identification",
    The 6th International Conference on Automatic Face and Gesture Recognition, pp. 183-188, 2004.
  7. Takatsugu Hirayama, Yoshio Iwai, Masahiko Yachida,
    "Face Authentication System with Facial Personation Prevention by Using Infrared Images",
    The 2nd International Symposium on Systems and Human Science "Complex Systems for Safety, Security and Reliability", 2005.
  8. Yoshio Iwai, Takatsugu Hirayama, Masahiko Yachida,
    "Development of Biometric Authentication API Based on Face Recognition -BioAPI++",
    The 2nd International Symposium on Systems and Human Science "Complex Systems for Safety, Security and Reliability", 2005.
  9. Masahiro Nishiyama, Hiroaki Kawashima, Takatsugu Hirayama, Takashi Matsuyama,
    "Facial Expression Representation based on Timing Structures in Faces",
    IEEE International Workshop on Analysis and Modeling of Faces and Gestures (with ICCV 2005, LNCS 3723), pp. 140-154, 2005[online].
  10. Tetsuro Onishi, Takatsugu Hirayama, Takashi Matsuyama,
    "What does the Face-Turning Action Imply in Consensus Building Dialogue?",
    International Workshop on Machine Learning and Multimodal Interaction (LNCS 5237), pp. 26-37, 2008[online].
  11. Akihiro Kobayashi, Junji Satake, Takatsugu Hirayama, Hiroaki Kawashima, Takashi Matsuyama,
    "Person-Independent Face Tracking Based on Dynamic AAM Selection",
    The 8th International Conference on Automatic Face and Gesture Recognition, 2008[online].
  12. Jean-Baptiste Dodane, Takatsugu Hirayama, Hiroaki Kawashima, Takashi Matsuyama,
    "Estimation of User Interest Using Time Delay Features between Proactive Content Presentation and Eye Movements",
    The 3rd International Conference on Affective Computing and Intelligent Interaction, pp.201-208, 2009.
  13. Ryo Yonetani, Hiroaki Kawashima, Takatsugu Hirayama, Takashi Matsuyama,
    "Gaze Probing: Event-Based Estimation of Objects Being Focused On",
    The 20th International Conference on Pattern Recognition, 2010 (IBM Best student paper award) [online].
  14. Takatsugu Hirayama, Yasuyuki Sumi, Tatsuya Kawahara, Takashi Matsuyama,
    "Info-Concierge: Proactive Multi-Modal Interaction Based on Mind Probing",
    The Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2011), 2011[pdf].
  15. Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Kazuya Takeda,
    "Detection of Driver Distraction based on Temporal Relationship between Eye-Gaze and Peripheral Vehicle Behavior",
    The 15th IEEE Intelligent Transportation Systems Conference (ITSC 2012), 2012[online].
  16. Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Pongtep Angkititrakul, Takatsugu Hirayama, Yiyang Li, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,
    "Measuring Driver Awareness based on Correlation between Gaze Behavior and Risks of Surrounding Vehicles",
    The 15th IEEE Intelligent Transportation Systems Conference (ITSC 2012), 2012[online].
  17. Erina Ishikawa, Ryo Yonetani, Hiroaki Kawashima, Takatsugu Hirayama, Takashi Matsuyama,
    "Semantic Interpretation of Eye Movements Using Designed Structures of Displayed Contents",
    The 4th Workshop on Eye Gaze in Intelligent Human Machine Interaction: Eye Gaze and Multimodality (with ICMI 2012), 2012[online].
  18. Shohei Usui, Fujio Toriumi, Masato Matsuo, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori, Kenji Mase,
    "Proposal for a Generalized Network Growth Model of Social Network Service",
    The 5th International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (WEIN'13 with AAMAS 2013), 2013.
  19. Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,
    "Analysis of Lane Change Maneuvers Based on Driver Gaze and Vehicle Operation Behavior",
    International Conference on Driver Distraction and Inattention (DDI 2013), 2013.
  20. Shohei Usui, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Analysis of Influential Features for Information Diffusion",
    ASE/IEEE International Conference on Social Computing, 2013.
  21. Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,
    "Comparison of Lane Change Behavior of Expert and Non-Expert Drivers,"
    The 2nd International Symposium on Future Active Safety Technology toward Zero Traffic Accidents (FAST-zero'13), 2013.
  22. Takashi Bando, Masumi Egawa, Hiroyuki Okuda, Hitoshi Terai, Takatsugu Hirayama, Chiyomi Miyajima, Daisuke Deguchi, Katsuhiko Kaji, Kazuya Takeda, Tatsuya Suzuki,
    "Repressing Overtrust: Driver Cooperated Driving Support Systems,"
    The 2nd International Symposium on Future Active Safety Technology toward Zero Traffic Accidents (FAST-zero'13), 2013.
  23. Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,
    "Integrated Modeling of Multiple Driving Behavior Signals to Estimate Risk Level of Lane Change Maneuvers",
    The 6th Biennial Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems, 2013.
  24. Kentaro Hitomi, Takashi Bando, Masumi Egawa, Hiroyuki Okuda, Hitoshi Terai, Takatsugu Hirayama, Chiyomi Miyajima, Daisuke Deguchi, Katsuhiko Kaji, Kazuya Takeda, Tatsuya Suzuki,
    "Toward Well-Balanced Man-Machine Cooperation in Vehicle",
    The 6th Biennial Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems, 2013.
  25. Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,
    "Integrated Modeling of Driver Gaze and Vehicle Operation Behavior to Estimate Risk Level During Lane Changes",
    The 16th IEEE Intelligent Transportation Systems Conference (ITSC 2013), 2013[online].
  26. Yusuke Tanaka, Takashi Bando, Masumi Egawa, Hiroyuki Okuda, Hitoshi Terai, Takatsugu Hirayama, Chiyomi Miyajima, Daisuke Deguchi, Katsuhiko Kaji, Kazuya Takeda, Tatsuya Suzuki,
    "Toward the Development of a Driver Support System for Repressing Overtrust and Overreliance",
    The 20th ITS World Congress 2013, 2013.
  27. Atsushi Iwatsuki, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Analysis of Soccer Coach's Eye Gaze Behavior",
    International Joint Workshop on Advanced Sensing/Visual Attention and Interaction (with ACPR 2013), 2013[pdf].
  28. Kensho Hara, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Simultaneous Action Recognition and Localization Based on Multi-View Hough Voting",
    The 2nd Asian Conference on Pattern Recognition, 2013[online].
  29. Fumiharu Tomiyasu, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Wide-Range Feature Point Tracking with Corresponding Point Search and Accurate Feature Point Tracking with Mean-Shift",
    Workshop on Recent Advances in Computer Vision and Pattern Recognition (with ACPR 2013), 2013.
  30. Takatsugu Hirayama, Takafumi Marutani, Daishi Tanoue, Shogo Tokai, Sidney Fels, Kenji Mase,
    "Agent-Assisted Multi-Viewpoint Video Viewer and Its Gaze-Based Evaluation",
    The 6th Workshop on Eye Gaze in Intelligent Human Machine Interaction (with ICMI 2013), 2013[online].
  31. Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,
    "Use of Driver Gaze Information for Detecting Risky Lane Changes",
    RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 2014 (Best student paper award).
  32. Toshiya Ohira, Takatsugu Hirayama, Shohei Usui, Shota Sato, Kenji Mase,
    "Top-down Visual Attention Computational Model Using Visual Feature Distribution of Search Target",
    Workshop on Attention Models in Robotics: Visual Systems for Better HRI (with HRI 2014), 2014[online].
  33. Michimasa Inaba, Naoyuki Iwata, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori, Kenichi Takahashi, Kenji Mase,
    "Constructing a Non-task-oriented Dialogue Agent using Statistical Response Method and Gamification",
    International Conference on Agents and Artificial Intelligence, 2014.
  34. Yuki Muramatsu, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Video Generation Method Based on User's Tendency of Viewpoint Selection for Multi-view Video Contents",
    The 5th Augmented Human International Conference (Augmented Human'14), 2014[online].
  35. Takatsugu Hirayama, Takafumi Marutani, Sidney Fels, Kenji Mase,
    "Analysis of Gaze Behavior while using a Multi-Viewpoint Video Viewer",
    ACM Symposium on Eye Tracking Research and Applications (ETRA 2014), 2014 (Best short paper award) [online].
  36. Shohei Usui, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Analysis of Information Diffusion on Directed Networks",
    The 6th International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (WEIN'14 with AAMAS 2014), 2014.
  37. Fang Chaowei, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Free-viewpoint Video Synthesis of Soccer Match using Video Texture Catalog from Multiple Camera Sources",
    3D Systems and Applications (3DSA), 2014.
  38. Shohei Usui, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Analysis of Information Diffusion Focusing on Directed Network",
    International School and Conference on Network Science (NetSci2014), 2014.
  39. Takatsugu Hirayama, Shota Sato, Kenji Mase, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda,
    "Analysis of Peripheral Vehicular Behavior in Driver's Gaze Transition: Differences between Driver's Neutral and Cognitive Distraction States",
    The 17th IEEE Intelligent Transportation Systems Conference (ITSC 2014), 2014[online].
  40. Kensho Hara, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Trend-sensitive Hough Forests for Action Detection",
    IEEE International Conference on Image Processing (ICIP 2014), 2014[online].
  41. Xueting Wang, Yuki Muramatsu, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Context-dependent Viewpoint Sequence Recommendation System for Multi-view Video",
    IEEE International Symposium on Multimedia (ISM 2014), 2014 (Best paper award) [online].
  42. Chiyomi Miyajima, Suguru Yamazaki, Takashi Bando, Kentaro Hitomi, Hitoshi Terai, Hiroyuki Okuda, Takatsugu Hirayama, Masumi Egawa, Tatsuya Suzuki, Kazuya Takeda,
    "Analyzing Driver Gaze Behavior and Consistency of Decision Making During Automated Driving",
    IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV 2015), 2015.
  43. Satoshi Yokoi, Keisuke Doman, Takatsugu Hirayama, Ichiro Ide, Daisuke Deguchi, Hiroshi Murase,
    "Typicality Analysis of the Combination of Ingredients in a Cooking Recipe for Assisting the Arrangement of Ingredients",
    The 7th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA 2015 with ICME 2015), 2015.
  44. Hitoshi Terai, Hiroyuki Okuda, Kentaro Hitomi, Takashi Bando, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Yuki Shinohara, Masumi Egawa, Kazuya Takeda,
    "An Experimental Study on the Difference in Drivers' Decision-making Behavior during Manual and Supported Driving",
    The 6th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE 2015), 2015 [online].
  45. Hiroki Matsunaga, Keisuke Doman, Takatsugu Hirayama, Ichiro Ide, Daisuke Deguchi, Hiroshi Murase,
    "Tastes and Textures Estimation of Foods Based on the Analysis of its Ingredients List and Image",
    The 1st International Workshop on Multimedia Assisted Dietary Management (MADiMa 2015, LNCS 9281), pp.326-333, 2015.
  46. Junki Seko, Junya Morita, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Kazunori Yamada,
    "Investigating Memory Recall by Visualization of Photo Network",
    The 2nd Ubicomp Workshop on Ubiquitous Technologies To Augment The Human Mind, 2015 [online].
  47. Kentarou Hitomi, Hitoshi Terai, Hiroyuki Okuda, Takashi Bando, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Yuki Shinohara, Masumi Egawa, Kazuya Takeda,
    "Effect of Automatic Lane Changing on Driver's Behaviour Decision Process",
    The 3rd International Symposium on Future Active Safety Technology toward Zero Traffic Accidents (FAST-zero'15), pp.551-557, 2015.
  48. Takuya Inoue, Tomokazu Takahashi, Takatsugu Hirayama, Yasutomo Kawanishi, Daisuke Deguchi, Ichiro Ide, Hiroshi Murase, Takayuki Kurozumi, Kunio Kashino,
    "Image Transformation of Eye Areas for Synthesizing Eye-contacts in Video Conferencing",
    The 11th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP 2016), 2016.
  49. Hiroya Inoue, Takatsugu Hirayama, Keisuke Doman, Yasutomo Kawanishi, Ichiro Ide, Daisuke Deguchi, Hiroshi Murase,
    "A Classification Method of Cooking Operations Based on Eye Movement Patterns",
    ACM Symposium on Eye Tracking Research and Applications (ETRA 2016), 2016 [online].
  50. Atsushi Iwatsuki, Takatsugu Hirayama, Junya Morita, Kenji Mase,
    "Skilled Gaze Behavior Extraction based on Dependency Analysis of Gaze Patterns on Video Scenes",
    ACM Symposium on Eye Tracking Research and Applications (ETRA 2016), 2016 [online].
  51. Kazuma Takahashi, Keisuke Doman, Yasutomo Kawanishi, Takatsugu Hirayama, Ichiro Ide, Daisuke Deguchi, Hiroshi Murase,
    "A Study on Estimating the Attractiveness of Food Photography",
    The 1st International Workshop on Attractiveness Computing in Multimedia (ACM 2016 with BigMM 2016), 2016 [online].
  52. Junya Morita, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Kazunori Yamada,
    "Modeling Autobiographical Memory from Photo Libraries",
    The 14th International Conference on Cognitive Modeling (ICCM 2016), 2016.
  53. Junya Morita, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Kazunori Yamada,
    "Model-based Reminiscence: Guiding Mental Time Travel by Cognitive Modeling",
    The 4th International Conference on Human-Agent Interaction, 2016 [online].
  54. Shintarou Hayamizu, Junya Morita, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Kazunori Yamada,
    "EEG Features Representing Cognitive and Emotional States Evoked by Personal Pictures",
    The 3rd International Conference on Universal Village (UV 2016), 2016.
  55. Xueting Wang, Kensho Hara, Yu Enokibori, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Personal Multi-view Viewpoint Recommendation based on Trajectory Distribution of the Viewing Target",
    ACM Multimedia 2016 [online].
  56. Wataru Hashiguchi, Junya Morita, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Kazunori Yamada, Mayu Yokoya,
    "Multimodal Biofeedback System Integrating Low-Cost Easy Sensing Devices",
    The 18th ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI 2016), 2016 [online].
  57. Yuki Imaeda, Takatsugu Hirayama, Yasutomo Kawanishi, Daisuke Deguchi, Ichiro Ide, Hiroshi Murase,
    "Can a Driver Assistance System Determine if a Driver is Perceiving a Pedestrian?: Consideration of the Driver’s Visual Adaptation to Illumination Change",
    The 12th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP 2017), 2017.
  58. Kazuma Takahashi, Keisuke Doman, Yasutomo Kawanishi, Takatsugu Hirayama, Ichiro Ide, Daisuke Deguchi, Hiroshi Murase,
    "Estimation of the Attractiveness of Food Photography Focusing on Main Ingredients",
    The 9th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA 2017 with IJCAI 2017), 2017 [online].
  59. Hirotaka Kato, Takatsugu Hirayama, Yasutomo Kawanishi, Keisuke Doman, Ichiro Ide, Daisuke Deguchi, Hiroshi Murase,
    "Toward Describing Human Gaits by Onomatopoeias",
    The 7th IEEE Workshop on Analysis and Modeling of Faces and Gestures (AMFG 2017 with ICCV 2017), 2017. (to appear)
  60. Xueting Wang, Yu Enokibori, Takatsugu Hirayama, Kensho Hara, Kenji Mase,
    "User Group based Viewpoint Recommendation using User Attributes for Multiview Videos",
    Workshop on Multimodal Understanding of Social, Affective and Sugjective Attributes (MUSA 2017 with ACMMM 2017), 2017. (to appear)
  61. 他,1件発表予定,2件投稿中

国際会議発表(査読なし)

  1. Takashi Matsuyama, Hiroaki Kawashima, Takatsugu Hirayama,
    "Taxonomy of Human Communications",
    International Workshop on Interaction Dynamics, Embodiment, and Implicit Primordial Knowledge Model, 2008.
  2. Erina Ishikawa, Ryo Yonetani, Takatsugu Hirayama, Takashi Matsuyama,
    "Analysis of Gaze Mirroring Effects",
    International Joint Workshop on Advanced Sensing/Visual Attention and Interaction, 2013.
  3. Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Kazuya Takeda,
    "Timing Analysis of Driver Gaze under Cognitive Distraction toward Peripheral Vehicle Behavior",
    International Joint Workshop on Advanced Sensing/Visual Attention and Interaction, 2013.
  4. Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,
    "Modeling Driver Gaze and Vehicle Operation Behavior During Lane Changes",
    International Joint Workshop on Advanced Sensing/Visual Attention and Interaction, 2013.
  5. Takatsugu Hirayama,
    "Driver Gaze Behavior Analysis Focused on Relationships with Driving Contexts",
    The 10th Asia-Pacific Conference on Vision (Proceedings of i-Perception), 2014 (Invited talk).
  6. Junya Morita, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Kazunori Yamada,
    "Cognitive Modeling of Life Story: Reconstructing Our Memories from a Photo Library",
    The 37th Annual Cognitive Science Society Meeting (COGSCI 2015), 2015.
  7. Junya Morita, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Kazunori Yamada,
    "Mirroring Autobiographical Memory by Cognitive Architecture",
    International Conference on Biologically Inspired Cognitive Architectures (BICA 2015), 2015 (Invited talk).

国内会議発表

  1. 1999-2005(16件,受賞1件)
  2. 2006-2010(12件,受賞1件)
  3. 2011-2013(33件,受賞6件,招待講演1件)
  4. 原 健翔,平山高嗣,間瀬健二:
    Trend-Sensitive Hough Forestsの提案と行動検出への応用,
    電子情報通信学会技術研究報告PRMU,2014.
  5. 佐藤翔太,平山高嗣,間瀬健二,宮島千代美,武田一哉:
    運転者の視線変化時における周辺車状況の分析 ~集中状態と注意散漫状態の差異~,
    電子情報通信学会ITS研究会,2014.
  6. 冨安史陽,村松祐希,飯田涼太郎,Wang Xueting,米澤朋子,平山高嗣,間瀬健二:
    被写体追従追跡のための視点推薦型多視点映像視聴システム,
    インタラクション2014(プレミアム枠)
  7. 楊 菲,平山高嗣,間瀬健二:
    サッカー選手位置のパターン解析によるボール存在領域の推定,
    電子情報通信学会総合大会,2014.
  8. 臼井翔平,鳥海不二夫,平山高嗣,間瀬健二:
    有向ネットワークの構造が情報拡散に与える影響の分析,
    人工知能学会全国大会(第28回),2014.
  9. 速水慎太朗,平山高嗣,Sidney Fels,間瀬健二:
    多視点映像における視対象に対する興味と選択行動および注視行動の関係性分析,
    人工知能学会全国大会(第28回),2014.
  10. 汪 雪婷,村松祐希,平山高嗣,間瀬健二:
    映像コンテキストに基づく多視点映像の視点列推薦,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2014.
  11. 原 健翔,平山高嗣,間瀬健二:
    投票分布モデルを用いたハフ変換に基づく行動検出,
    第17回画像の認識・理解シンポジウムMIRU2014.
  12. 井上卓弥,高橋友和,平山高嗣,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋:
    テレビ会議における目領域画像合成型視線一致方式に有効なカメラ配置の検討,
    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会,2014(連合大会奨励賞)
  13. 松長大樹,道満恵介,平山高嗣,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    料理画像及び素材一覧に基づく料理の味推定に関する検討,
    電子情報通信学会技術研究報告DE,2014.
  14. 平山高嗣:
    目は口ほどにものを言うか? -自動車運転者の内部状態と視行動-,
    第19回日本バーチャルリアリティ学会大会,2014(招待講演)
  15. 岩月 厚,平山高嗣,森田純哉,間瀬健二:
    サッカー指導における熟練者と未熟者の注視行動の違い,
    日本認知科学会第31回大会,2014(査読あり,フラッシュポスター)
  16. 井上卓弥,高橋友和,平山高嗣,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋,柏野邦夫,黒住隆行:
    テレビ会議における対話者間の視線一致のための目領域変換手法に関する検討,
    電子情報通信学会技術研究報告PRMU,2014.
  17. 山崎 駿,宮島千代美,坂東誉司,人見謙太郎,江川万寿三,寺井 仁,奥田裕之,平山高嗣,鈴木達也,武田一哉:
    自動運転環境下におけるドライバの視行動分析,
    計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会(SSI 2014),2014.
  18. 平山高嗣:
    人の内部状態を顕在化する視覚的インタラクションのデザインとマイニング,
    第10回犬山比較社会認知シンポジウム(ICS 2-10),2015(招待講演)[online]
  19. 松長大樹,道満恵介,平山高嗣,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    料理画像及び素材一覧に基づく料理の食味表現推定,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2015.
  20. 井上裕哉,平山高嗣,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    視線情報の分析に基づく調理行動理解に向けて,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2015.
  21. 横井 聡,道満恵介,平山高嗣,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    料理レシピにおける食材の組合せの典型度分析,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2015.
  22. 森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    認知モデリングに基づく高齢者支援の試み,
    人工知能学会第73回先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST),2015(2014年度人工知能学会研究会優秀賞)
  23. 今枝祐綺(指導学生):
    運転時のサブタスクを考慮した歩行者の見落としやすさ推定,
    電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会,2015(優秀卒業研究発表賞)
  24. 今枝祐綺,谷繁龍之介,平山高嗣,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋:
    運転時のサブタスクが歩行者の見落としやすさに与える影響の検討,
    電子情報通信学会総合大会,2015.
  25. 岩月 厚,平山高嗣,森田純哉,間瀬健二:
    映像シーンに対する視線パターンの依存性の観察者間比較に基づく熟練者特有の注視行動の抽出 〜 サッカー試合におけるコーチングを例として 〜,
    電子情報通信学会技術研究報告PRMU,2015.
  26. 世古純基,森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    写真ネットワークの可視化による記憶想起の検討,
    第118回ヒューマンインタフェース学会研究会「認知症や記憶障害に対する工学的支援技術および一般(SIG-ACI-15),2015.
  27. 森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    健康長寿力の測定と維持に向けた写真スライドショーの検討,
    第54回日本生体医工学会大会,2015.
  28. 森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    認知アーキテクチャを組み入れた写真スライドショーの開発:展望と課題,
    人工知能学会全国大会(第29回),2015.
  29. 速水慎太朗,森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    パーソナルな写真観察中に記録された生体信号のマルチモーダル解析,
    人工知能学会全国大会(第29回),2015.
  30. 森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    メンタルタイムトラベルを誘導するモデルベース回想法,
    情報処理学会高齢社会デザイン研究会(SIG-ASD),2015.
  31. 井上卓弥,高橋友和,平山高嗣,川西康友,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋,柏野邦夫,黒住隆行:
    テレビ会議における対話者間の視線一致のための目領域変換手法,
    第18回画像の認識・理解シンポジウムMIRU2015.
  32. 井上裕哉,平山高嗣,道満恵介,川西康友,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    調理行動理解に向けた視線情報分析方法の検討,
    第18回画像の認識・理解シンポジウムMIRU2015.
  33. Xueting Wang, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase,
    "Context-aware Multi-view Viewpoint Selection",
    第18回画像の認識・理解シンポジウムMIRU2015.
  34. Atsushi Iwatsuki, Takatsugu Hirayama, Junya Morita, Kenji Mase,
    "Data-driven Extraction of Skilled Gaze Behavior",
    第18回画像の認識・理解シンポジウムMIRU2015.
  35. 速水慎太朗,森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    マルチモーダル生体信号解析によるパーソナルな写真に対する興味と記憶の強さの推定,
    日本認知科学会第32回大会,2015.
  36. 高橋和馬,道満恵介,川西康友,平山高嗣,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    料理写真における構図の魅力度推定へ向けた検討,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2015.
  37. 井上裕哉,平山高嗣,道満恵介,川西康友,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    調理者の視線運動パターンに基づく調理動作識別手法,
    HCGシンポジウム2015.
  38. 井上卓弥,高橋友和,平山高嗣,川西康友,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋,黒住隆行,柏野邦夫:
    テレビ会議話者間の視線一致知覚範囲を考慮した目領域画像合成型視線補正法,
    電子情報通信学会技術研究報告PRMU,2015.
  39. 加藤大貴(指導学生):
    オノマトペ表現に対応した歩容映像の識別に関する検討,
    電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会,2016(優秀卒業研究発表賞)
  40. 日比雅仁(指導学生):
    輝度明滅による歩行者の強調が見つけやすさに与える影響の分析,
    電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会,2016.
  41. 日比雅仁,平山高嗣,出口大輔,川西康友,井手一郎,村瀬 洋:
    輝度の明滅が歩行者の見つけやすさに与える影響の初期検討,
    電子情報通信学会総合大会,2016.
  42. 長江祐樹,林 知樹,関 翔悟,平山高嗣,武田一哉:
    情報科学的手法を用いたペロブスカイト結晶構造の物性予測,
    日本金属学会春期(第158回)大会,2016.
  43. 加藤大貴,平山高嗣,川西康友,道満恵介,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    人体部位の相対的位置関係を利用したオノマトペ歩容映像の識別に関する検討,
    情報処理学会研究報告CVIM,2016.
  44. 滝本広樹,川西康友,井手一郎,平山高嗣,道満恵介,出口大輔,村瀬 洋:
    SNS投稿写真の画像内容に基づく地域間の類似度算出に関する検討,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2016(MVE賞)
  45. 橋口 航,森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範,横矢真悠:
    瞑想トレーニングのための閉眼時脳波測定システムの試作,
    人工知能学会全国大会(第30回),2016.
  46. 速水慎太朗,森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    個人写真閲覧に付随する情動喚起と記憶想起を検出するための脳波解析,
    人工知能学会全国大会(第30回),2016.
  47. 世古純基,森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    記憶想起および内発的動機付けを促すための記憶ネットワークのモデル化,
    人工知能学会第77回先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST),2016.
  48. 高橋和馬,道満恵介,川西康友,平山高嗣,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    料理撮影支援に向けた料理写真の魅力度推定手法の検討,
    第19回画像の認識・理解シンポジウムMIRU2016.
  49. 汪 雪婷,原 健翔,榎堀 優,平山高嗣,間瀬健二:
    多視点映像の視点選択パターンに基づく視聴者分類,
    第19回画像の認識・理解シンポジウムMIRU2016.
  50. 原 健翔,平山高嗣,榎堀 優,間瀬健二:
    ハフ変換に基づくリアルタイム人物行動検出,
    第19回画像の認識・理解シンポジウムMIRU2016(デモ発表).
  51. 森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    ライフログ写真と認知アーキテクチャを利用したモデルベース回想法:ケーススタディの報告,
    日本認知科学会第33回大会,2016.
  52. 高橋和馬,道満恵介,川西康友,平山高嗣,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    料理写真の魅力度推定手法のための特徴量の再検討による精度向上,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2016.
  53. 滝本広樹,川西康友,井手一郎,平山高嗣,道満恵介,出口大輔,村瀬 洋:
    写真の画像内容に基づく類似地域検出の応用に向けた検討,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2016.
  54. 今枝祐綺,平山高嗣,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋:
    環境光の急変による視覚特性変化を考慮した歩行者の視認性推定に関する予備検討,
    電子情報通信学会技術研究報告PRMU,2016.
  55. 加藤大貴,平山高嗣,川西康友,道満恵介,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    オノマトペにより歩容を記述するための音韻空間と人体部位の動きの関係性,
    HCGシンポジウム,2016.
  56. 汪 雪婷,原 健翔,榎堀 優,平山高嗣,間瀬健二:
    視聴モデルに基づく多視点映像の視聴支援のための視聴者分類,
    HCGシンポジウム,2016.
  57. 梅澤侑生,平山高嗣,榎堀 優,間瀬健二:
    視覚的注意に着目した一人称視点映像の釘付け視聴方式の提案,
    HCGシンポジウム,2016(メディアエクスペリエンスと仮想環境基礎オーガナイズドセッション賞)
  58. 前田高志(指導学生):
    インテリジェントヘッドライトのための点滅光照射法の検討,
    電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会,2017.
  59. 佐藤陽昇(指導学生):
    撮影支援に向けた料理写真の魅力度推定手法の改良,
    電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会,2017(優秀卒業研究発表賞)
  60. 世古純基,森田純哉,平山高嗣,間瀬健二,山田和範:
    ライフログ写真の属性ネットワークに基づく記憶構造可視化,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2017.
  61. 間瀬健二,森田純哉,平山高嗣,榎堀 優,山田和範,横矢真悠:
    カジュアルセンシングによる健康長寿力指標に関する検討,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2017.
  62. 高橋和馬,道満恵介,川西康友,平山高嗣,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    主食材の見えの考慮による料理写真の魅力度推定手法の改良,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE,2017.
  63. 野村太輝,森田純哉,平山高嗣,榎堀 優,間瀬健二:
    個人写真閲覧時の脳波を用いた主観状態の推定,
    情報処理学会第79回全国大会,2017(学術奨励賞)
  64. 檜造孟志,平山高嗣,森田純哉,榎堀 優,間瀬健二:
    認知能力訓練のための画像に基づくシーン記述を用いた出現・消失物体探しクイズの生成,
    情報処理学会第79回全国大会,2017.
  65. 児玉祐樹,川西康友,平山高嗣,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋,永野秀尚,柏野邦夫:
    低解像度顔画像群を用いた集団の注目位置推定に関する予備的検討,
    電子情報通信学会総合大会,2017.
  66. 前田高志,平山高嗣,川西康友,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋:
    視認性向上のための歩行者への点滅光照射の初期検討,
    電子情報通信学会総合大会,2017.
  67. 前田高志,平山高嗣,川西康友,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋:
    ヘッドライトを用いた視認性向上のための歩行者への点滅光照射パターンの検討,
    情報処理学会研究報告CVIM,2017.
  68. 佐藤陽昇,平山高嗣,高橋和馬,道満恵介,川西康友,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    料理写真の魅力度推定手法の改良 −選好実験時の注視領域を反映した特徴抽出−,
    情報処理学会研究報告CVIM,2017.
  69. 渥美裕貴,横矢真悠,山田和範,森田純哉,平山高嗣,榎堀 優,間瀬健二:
    心身マルチタスク状況下における認知タスク負荷評価の検討,
    人工知能学会全国大会(第31回),2017.
  70. 加藤大貴,平山高嗣,川西康友,道満恵介,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    音韻と人体部位の動きの関係に着目したオノマトペによる歩容の記述に向けて,
    電子情報通信学会研究報告PRMU,2017.
  71. 児玉祐樹,川西康友,平山高嗣,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋,永野秀尚,柏野邦夫:
    低解像度顔画像群からの集団の注目位置推定に向けて,
    第20回画像の認識・理解シンポジウムMIRU2017.
  72. 井手一郎,高橋和馬,道満恵介,川西康友,平山高嗣,出口大輔,村瀬 洋:
    視点に応じた魅力度が付与された料理画像データセット,
    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会,2017.
  73. 前田高志,平山高嗣,川西康友,出口大輔,井手一郎,村瀬 洋:
    歩行者の視認性向上に有効な追加照射光の点滅周波数の検討,
    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会,2017.
  74. 加藤大貴,平山高嗣,川西康友,道満恵介,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    音韻と人体部位の動きの関係に着目したオノマトペによる歩容のzero-shot記述に向けた検討,
    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会,2017.
  75. 佐藤陽昇,平山高嗣,高橋和馬,道満恵介,川西康友,井手一郎,出口大輔,村瀬 洋:
    選好実験時の視線情報に基づく料理写真の魅力度推定手法の改良,
    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会,2017.
  76. 橋口 航,森田純哉,平山高嗣,間瀬健二:
    生体信号を用いたストレス制御エージェントの検討,
    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会,2016.
  77. 他,5件発表予定

研究会・シンポジウム・オーガナイズドセッション

  1. 顔パーツ間の動きのタイミング構造に基づいた微妙な差異を持つ表情の分析・認識,
    京都大学ICTイノベーション2007, 2007.2.20.
  2. 表情譜:機械は人間の微妙な表情を読み取れるようになれるか?,
    京都大学グローバルCOE「心が活きる教育のための国際的拠点」,
    研究開発コロキアム 「他者理解におけるミラーシステムの役割の検討」, 2008.2.15.
  3. Mind Probing:システムによる能動的な働きかけと反応観察による人の心的状態の推定,
    電子情報通信学会HCG第3種ヴァーバル・ノンヴァーバルコミュニケーション研究会(第14回研究会), 2008.5.20.
  4. Gaze Mirror:自己の興味に気づかせる情報ディスプレイ,
    京都大学ICTイノベーション2009, 2009.2.20.
  5. Mind Probing:プロアクティブインタラクションによって心を読む,
    ヒューマンインタフェース学会コミュニケーション支援専門研究会,
    第2回談話会「コミュニケーションを知る」, 2009.11.28(特別講演)
  6. Gaze and Mind Probing:プロアクティブインタラクションによる視線と心的状態の推定,
    電子情報通信学会HCG第3種ヴァーバル・ノンヴァーバルコミュニケーション研究会第4回年次大会,
    テーマセッション2:視線の計測とその応用,2010.3.6(企画者)
  7. 情報コンシェルジェ,
    情報処理学会第72回全国大会 デモ展示企画 今ドキッのIT, 2010.3.9-10(実機デモ)
  8. 情報コンシェルジェ,
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究」成果報告会, 2011.3.9-11(実機デモ)[video]
  9. HCGシンポジウム2011 ヴァーバル・ノンヴァーバルコミュニケーション研究会企画セッション
    「多人数・マルチモーダルインタラクションのビデオ分析ー開発目的と分析手法のマッチングー」,2011.12.7(企画者)[report]
  10. ヴァーバル・ノンヴァーバルコミュニケーション研究会データセッション
    「聴者/ろう者の多人数遠隔会話」,2012.3.1(企画者)
  11. 人間の内部状態を顕在化する視覚的インタラクション,
    認知的コミュニケーションワークショップ,静岡大学竹内研究室主催,2013.9.22(招待講演)
  12. 平成26年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会シンポジウム
    「実世界データ循環学〜新しい社会的価値の創造に向けて〜」,2014.9.8(企画者)
  13. 人間の内部状態を顕在化する視覚的インタラクション,
    第13回Kフォーラム,2014.8.7(招待講演)[online]
  14. 人の内部状態を顕在化する視覚的インタラクションのデザインとマイニング,
    ヴァーバル・ノンヴァーバルコミュニケーション研究会10周年記念大会,2016.
  15. 運転者の視行動に基づく漫然運転の検出技術,
    漫然・わき見運転を防ぐ自動車HMIの設計技術,技術情報協会セミナー,2016[html]
  16. 第79回情報処理学会全国大会イベント企画
    「将来の情報学リーダーが創造する新しい価値」,2017.3.17(企画者)

記事

  1. ICMI2013会議参加報告,日本バーチャルリアリティ学会誌,Vol.1, No.19,p.39,2014.
  2. 【おめでとうISS論文賞】人間の視覚的注意の計算モデルー人の視聴覚情報処理とパターン認識・メディア理解との接点ー,情報・システムソサイエティ誌,No.19,Vol.2,p.17,2014[online]

特許

  1. 注視対象判定装置及び注視対象判定方法:WO/2010/143377, PCT/JP2010/003700, 2010(発明者の一人)
  2. 関心度推定装置および関心度推定方法:WO/2012/105196 A1, PCT/JP2012/000508, 2012(発明者の一人)
  3. 過信判定装置、過依存抑止装置:特願2014-195206,特開2016-66279,2016(発明者の一人)
  4. 他,3件出願中

受賞

  1. 奈良工業高等専門学校 優秀賞(1998年)
  2. 電気関係学会北陸支部連合大会 優秀学生発表賞(1999年)
  3. 情報処理学会CVIM研究会卒論セッション 最優秀賞(2006年共同受賞)
  4. 第9回ヒューマンインタフェース学会 論文賞(2009年)
  5. HCGシンポジウム2013 学生優秀インタラクティブ発表賞(2013年共同受賞)
  6. 8th ACM Symposium on Eye Tracking Research and Applications, Best short paper award (2014年)
  7. 平成25年度電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ論文賞(IEICE ISS論文賞,2014年)
  8. 16th IEEE International Symposium on Multimedia, Best paper award (2014年)
  9. 2014年度人工知能学会研究会優秀賞(2015年)
  10. 電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会MVE賞(2016年)
  11. 平成28年度電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ査読功労賞(2016年)
  12. HCGシンポジウム2016 オーガナイズドセッション賞(メディアエクスペリエンスと仮想環境基礎,2016年)

助成金

  1. 文部科学省 科研費 若手研究B 「視線に基づく模倣インタラクションによる自己の興味への気づきとその評価方法の確立」研究代表者 (直接経費320万円,2011-14年)
  2. 国立情報学研究所 研究企画会合公募型共同研究 「人間の視覚的注意とその誘導の計算モデルに関する調査,設計」研究代表者 (直接経費50万円,2013-14年)
  3. 公益財団法人 立石科学技術振興財団 国際会議等開催助成(ICMI 2013,直接経費50万円,2013年)
  4. 日東学術振興財団 海外派遣助成(ICMI 2013,直接経費40万円,2013年)
  5. 日本学術振興会 科研費 若手研究B 「視覚環境ダイナミクスとのイベント共起構造分析に基づく注視行動のクセ・コツの抽出」研究代表者(直接経費290万円,2014-17年)
  6. 名古屋大学 博士課程教育リーディングプログラム「実世界データ循環学リーダー人材養成プログラム」教育研究推進費(直接経費150万円,2014年)
  7. 名古屋大学 博士課程教育リーディングプログラム「実世界データ循環学リーダー人材養成プログラム」教育研究推進費(直接経費136万円,2015年)
  8. 名古屋大学 博士課程教育リーディングプログラム「実世界データ循環学リーダー人材養成プログラム」教育研究推進費(直接経費100万円,2016年)
  9. 国立研究開発法人 情報通信研究機構 国際研究集会開催支援(ICMI 2016,直接経費198万円,2016年)
  10. 一般財団法人 テレコム先端技術研究支援センター 国際会議助成(ICMI 2016,直接経費22万円,2016年)
  11. 公益財団法人 村田学術振興財団 研究会助成(ICMI 2016,直接経費80万円,2016年)
  12. 公益財団法人 立石科学技術振興財団 国際会議等開催助成(ICMI 2016,直接経費70万円,2016年)
  13. 公益財団法人 栢森情報科学振興財団 研究助成 「オノマトペ表現に対応した視覚ダイナミクスのマルチモーダルモデリング」(直接経費96万円,2016-2018年)

プロジェクト

  1. 日本学術振興会 未来開拓学術研究推進事業 感性的インタフェース
    「インタラクションによる相乗効果を用いた感性創発世界の構築」RA(2002-04年)
  2. 文部科学省 科研費 学術創成研究プロジェクト
    「安心安全社会構築のためのシステム人間科学の創成」RA(2004-05年)
  3. 文部科学省 科研費 特定領域研究
    ITの深化の基盤を拓く情報学研究「人間の情報処理の理解とその応用に関する研究」研究協力者(2005-06年)
  4. 文部科学省 科研費 特定領域研究 情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究
    「情報爆発時代におけるヒューマンコミュニケーション基盤」研究協力者(2006-11年)
  5. 科学技術振興機構 CREST
    共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築「行動モデルに基づく過信の抑止」研究協力者(2011-14年)
  6. 文部科学省 科研費 若手研究B
    「視線に基づく模倣インタラクションによる自己の興味への気づきとその評価方法の確立」研究代表者 (直接経費320万円,2011-14年)
  7. 独立行政法人 情報通信研究機構 高度通信・放送研究開発委託研究
    革新的な三次元映像技術による超臨場感コミュニケーション技術の研究開発
    課題143 カ-2 三次元映像End-to-End通信・放送システム(ユーザ指定自由視点映像システム)研究協力者(2012-14年)
  8. 日本学術振興会 組織的若手研究者等海外派遣プログラム
    「国際共同研究による高度情報人の育成」派遣研究者(2012年10月-2013年1月)
  9. 国立情報学研究所 研究企画会合公募型共同研究
    「人間の視覚的注意とその誘導の計算モデルに関する調査,設計」研究代表者 (直接経費50万円,2013-14年)
  10. 文部科学省 革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)
    「安全安心感をもたらす健康増進システム」研究協力者(2013-14年)
  11. 名古屋大学 博士課程教育リーディングプログラム
    「実世界データ循環学リーダー人材育成プログラム」特任教員(2014年-)
  12. 日本学術振興会 科研費 若手研究B
    「視覚環境ダイナミクスとのイベント共起構造分析に基づく注視行動のクセ・コツの抽出」研究代表者(2014-17年)
  13. 日本学術振興会 科研費 基盤研究B
    「ライフログに基づくe-コーチングのための技能ログ分析」研究分担者(2014-17年)
  14. 日本学術振興会 科研費 基盤研究A
    「能動型前処理と環境適応型学習を用いた「超低品質画像」の認識」研究分担者(2015-17年)
  15. 日本学術振興会 科研費 基盤研究A
    「クラウド上の膨大な画像履歴情報を多様な時空間スケールで活用する超低品質画像の認識」研究分担者(2017年-)
  16. 他,1件申請中

学会活動

  1. インタラクション2007プログラム委員
  2. International Conference on Computer Vision (ICCV) 2009, Local arrangement member
  3. IEEE Conference on Face and Gesture Recognition (FG) 2011, Program Committee
  4. 情報処理学会論文誌 情報爆発特集号 編集委員
  5. HCGシンポジウム2011 運営委員
  6. 電子情報通信学会和文論文誌D ヒューマンコミュニケーション特集号(2013年) 編集委員
  7. MIRU2012 査読委員
  8. ACM Multimedia 2012, Web & Social Media Co-chair
  9. HCGシンポジウム2012 運営委員
  10. 人工知能学会論文誌 知的対話システム特集号(2014年) 編集委員
  11. 電子情報通信学会和文論文誌D ヒューマンコミュニケーション特集号(2014年) 編集委員
  12. SSII2013 実行委員
  13. ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI) 2013, Doctoral Consortium Co-chair
  14. International Joint Workshop on Advanced Sensing/Visual Attention and Interaction 2013, Co-organizer
  15. 電子情報通信学会和文論文誌A 常任査読委員(2014年-)
  16. International Conference on Pattern Recognition (ICPR) 2014, Technical Committee
  17. MIRU2014, Conference Editorial Board Technical Program Committee
  18. HCGシンポジウム2014 運営委員
  19. 人工知能学会論文誌 知的対話システム特集号(2016年) 編集委員
  20. MIRU2015, Conference Editorial Board Technical Program Committee
  21. MIRU2015若手の会 メンターおよびドクターコンソーシアムアドバイザ
  22. 電子情報通信学会英文論文誌D 編集委員(2015年-)
  23. HCGシンポジウム2015 運営委員
  24. International Workshop on Attractiveness Computing in Multimedia (ACM) 2016, Program Committee
  25. MIRU2016, Conference Editorial Board Technical Program Committee
  26. ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI) 2016, Sponsorship Co-chair
  27. HCGシンポジウム2016 運営委員
  28. 第79回情報処理学会全国大会(2017年) プログラム委員,実行委員
  29. The First International Workshop on Human Activity Analysis with Highly Diverse Cameras (HDC) 2017, Program Committee
  30. International Workshop on Attractiveness Computing in Multimedia (ACM) 2017, Program Committee
  31. 人工知能学会論文誌 知的対話システム特集号(2018年) 編集委員
  32. HCGシンポジウム2017 運営委員
  33. MIRU2017, Conference Editorial Board Technical Program Committee

※ここに掲載した著作物の利用に関する注意
当ホームページにて掲載している情報処理学会の論文データの著作権は同学会に帰属します.
本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです.
ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします.

当ホームページにて掲載している電子情報通信学会の論文データの著作権は同学会に帰属します.
その取り扱いについては「電子情報通信学会著作権規定基本方針」を参照してください.